T

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

僕にはまだ似合わない:OLD VACHERON CONSTANTIN

ある日、母親が広島から僕に土産だって持って来た。

それは僕が憧れつづけていた、じいさんのヴァシュロン・コンスタンタン

僕の母方のじいさんは建築家だ。広島に住んでいる。
20年くらい前までは、講演会だ学会だとかで、日本中を飛び回っていた。
その帰りだか、途中だかで横浜の僕の家によく来てた。
いつもベレー帽をかぶって、両手にいっぱい荷物を持って、
腕にはこのヴァシュロンをしていた。

子供の頃から時計が好きだった僕は、
このじいさんのヴァシュロンが欲しくてたまらなかった。

「いつかはおまえにやるが、まだやらん」

じいさんはいつも言っていた。

じいさんは歳をとり、仕事も引退して横浜に来ることも無くなった。
僕も会社員になり、家族を持ち、滅多に広島には行かなくなった。
いつの頃からか、このヴァシュロンのことも忘れてしまった。

僕の手元にやってきたじいさんのヴァシュロンはボロボロだった。
ケースには深い傷が入り、風防も傷つき、文字盤は錆びて変色していた。
旅先で取り替えたのだろう、安っぽい金メッキのバンドが付いていた。
じいさんと供にハードな日々を過ごしたヴァシュロン。

ヴァシュロン・コンスタンタンは、泣く子も黙るスイスの高級時計メーカー。
パテック・フィリップ、オーデマ・ピゲと並び、世界三大時計メーカーと言われる。
創業は1755年。その顧客リストには、世界史の教科書に載っているような人々の
名前が刻まれている。

このヴァシュロンを完璧な状態に復活させたい。

思い切って、ヴァシュロン・コンスタンタン本社でオーバーホールすることにした。
日本代理店であるリシュモンジャパンに持ち込み、コンプリートサービスと
純正風防、純正バンド、純正尾錠を注文した。
待つこと8ヶ月、ヴァシュロンは元の姿を取り戻して僕の元に帰ってきた。
料金はロレックスが一本買えるほど高額だったが、美しい出来映えに満足である。

vac001s.jpg

詳しいデータはないが、この文字盤から見て、1960年代のものだとのこと。
美しいヴァシュロン・コンスタンタンの象徴であるマルタ十字が映える。

vac002s.jpg

ケースは薄く繊細なデザイン。18金無垢製。竜頭にもマルタ十字が刻まれている。

vac003s.jpg

純正バンドは一番手ごろな型押しのカーフを選んだ。しなやかで付け心地がいい。
尾錠も18金無垢製で、マルタ十字が品良くデザインされている。

vac004s.jpg

とても軽い時計。小柄なじいさんには最適な旅の友だったに違いない。

このヴァシュロン、僕にはまだ似合わない。
いつの日か、こいつを自然に身に付けられる人になりたいと思う。
  1. 2005/04/27(水) 12:38:50|
  2. 腕時計|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

珍品!WALTHAM MECH-DIGI CHRONOGRAPH WATCH

とにかく変わった時計。
こいつを手に入れたときのことは、今でもはっきり覚えている。

1996年1月2日。

当時高円寺に住んでいた僕は独りきりで正月を過ごしていた。
正月番組に飽きて近所をぼらぼらしていたら、たまに立ち寄る「ヌードトランプ」
という古着屋がやっていた。正月からご苦労様なこって、と思いながら
ちょっくら寄ってみると、僕以外に客はいなくて、店員も知らない顔が
二人いるだけだった。

古いソウルミュージックが流れる暗い店内を一通り見てから、
3階フロア奥のショーケースを覗いてみると、そこにこいつがあった。

PIC00018s.jpg

なんじゃこりゃ?見たことないぞ。
店員にショーケースから出してもらった。

PIC00004s.jpg

Pic00021s.jpg

ファンキーな青い文字盤。どこが時刻なんだかわかりまへん。

よく見ると真中の扇形の窓がデジタル表示の時刻。
一番長い針がクロノグラフの秒針で11時のところのダイアルが60分計。
外周にはタキメータ(速度計)が刻んである。6時のところには日付がついている。

ヤラシイ感じの金色のケースはデカくて分厚く、ずっしり重い。

なかなか見かけない変なデザインの時計。
でも文字盤に書いてあるブランドロゴは、あのWALTHAM(ウォルサム)
19世紀半ばに創業された歴史ある真面目な時計メーカー。
謎な時計である。

僕: 「これいつ頃の?」
店員:「わかりません」
僕: 「本当にウォルサム?」
店員:「わかりません」
僕: 「動くの?」
店員:「わかりません」
僕: 「いくら?」
店員:「45000円です」

高!動くかどうかわからんのに45000円とは。さすがは古着屋。

僕: 「まからない?」
店員:「ちょっとお待ちください」

どこかに電話する店員。

店員:「いくらならいいですか?」
僕: 「そうだな、20000円」

また電話で話す店員。

店員:「20000円でいいそうです」

あっさり商談成立。

アパートに帰ってしげしげとながめる。
文字盤にAUTOMATICと書いてあるので振ってみたが、全く動かない。
やっぱりダメだ。古着屋なんかで時計を買うのはバカだな。

正月が明けて、本屋でパラパラとめくった腕時計の雑誌。
そこに見覚えのある時計が載っていた。

あのウォルサム!

江東区森下にあるケア-ズのオーナーが同じ時計を持っているらしい。
この人なら何とかしてくれるかもしれないってことで、週末にお店に行ってみた。

運良くオーナーがいたので、早速時計を見せると、

「うわー、持ってる人いるんだぁ。
 僕は長いこと時計屋やってるけど、自分のやつ以外に見たのは初めてですよ」

オーナー曰く、60~70年代のもので、確かにウォルサムだが中身は台湾製らしい。
それ以外の詳細はわからないとのこと。ホント謎な時計である。

「これ直ります?」
「うーん、やりたくないなぁ(笑)これ機械も変なんですよ。
 はっきり言って機械の造りが悪いんです。でも珍しいからがんばってみますよ」

で、1ヵ月後、治ったとの連絡。

「いや、奇跡みたいですよ。日付表示のギアがイカレてて、替えの部品なんか
 無いからあきらめてもらおうと思ってたんですけど、直っちゃったんですよ」

どうもイカれたギアのままでギリギリ動いているらしい。やっぱり謎な時計。
修理代はちょっと痛い40000円。でも満足。

PIC00027.jpg

2005年の今、ちゃんと実用できるレベルで元気に動いている。日付表示も健在だ。
このファンキーフェイスとデカゴツ具合がとっても気に入ってる。
どんな服に合わせても左手首だけが目立ってしまうのだが、そこがまたイイのだ。
  1. 2005/04/13(水) 12:30:32|
  2. 腕時計|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。