T

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

電卓修理やってみた:Panasonic JE-2002U

友人のK氏が所有するパナソニックの電卓JE-2002U



こりゃカッコエエ。

DSCF2003.jpg DSCF1969.jpg

1970年代のパナソニック製品はどれもデザインがユニークだが、
このJE-2002Uはその真骨頂とも言えるすばらしいデザイン。

DSCF2007.jpg

当時のパナソニックのデザインに対する妥協無き姿勢が
ビシビシと伝わってくる。

DSCF1957.jpg

このJE-2002UはLEDディスプレイを使用している。
1970年代のパナソニックは20種類以上の電卓を製造、販売しており、
いくつかのモデルは比較的簡単に手に入る。
しかしそれらは青緑に光るFLディスプレイを使用したモデル。
LEDディスプレイを使用しているものは非常にレアである。

ちなみにパナソニックのLED使用モデルは3つ存在し、
モデルナンバーは2001、2002、2003である。

とにかく僕にとってには生唾モノの電卓。

オーナーのK氏に最初に見せてもらったとき、
僕はこのJE-2002Uをひたすらなでまわしつつ、
ため息混じりでカッコエエなぁと呟やいていた。

その後しばらくしてK氏から連絡が。
「1のボタンが効かないんだけど治せない?」

二つ返事で引き受けて、家に帰ってご開帳。

DSCF1891.jpg

ふむふむ、バッテリーは単5タイプのニッカド。
これあんまり見かけないなぁ。

DSCF1895.jpg

キーボードとロジック基盤が丸ごとボディーから外れる。

DSCF1896.jpg DSCF1898.jpg

LEDディスプレイは3桁モジュールが3個。
これは比較的初期のタイプだ。

DSCF1897.jpg

CPUはテキサスインスツルメンツをスピンアウトした
技術者が創立したMostek社製。

DSCF1894.jpg DSCF1893.jpg

バッテリーは腐ってた。
ま、30年以上前のものだから当然。
手元に代用品が無いので交換は別の機会に
ということにして取り外した。

DSCF1904.jpg DSCF1905.jpg

1ボタン不動の原因はここ。
ロジック基板とキーボードを繋ぐケーブルが劣化して切れていた。
紫のラインでバイパス配線を追加する。

DSCF1907.jpg

無事に修理完了。
貴重な一品を復活させることができてイカッタイカッタ。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/18(木) 14:18:07|
  2. 電卓|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

コメント

( ゚д゚)ノ ハイ!質問!

私もこれと同じタイプの持ってます。
ただし、National表記の
『PANAC2200』という機種名です。
おそらく、国内対応のものだとおもうのですが。

そこでタイトルの質問というのは
LEDとFLディスプレイの違いを教えて欲しいのです。
今まで赤でも緑でも全部LEDだと思ってました。

それにしても、修理できるって凄いですね。
うらやましいです。
私もジャンクとして買った
古い不動品も持ってたりするんですよ。

関係ないですけど
ヤフオクでいつもセンスのイイ、時計・電卓を出品される方がいます。ご参考までに
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/auctions?userID=obo777&f=&alocale=0jp&mode=1&thumb=1
  1. 2005/08/31(水) 17:50:58 |
  2. URL |
  3. かと #t50BOgd.
  4. [ 編集]

この度はありがとうございます。

この度は、私のパナソニック電卓を修理していただいて、本当にありがとうございます。
作っていただいた持ち運び用の電池パックも、
ものすごく、気に入っています。
素晴らしい技術と知識があって、本当に羨ましいです。
また電卓について語れる事を楽しみにしています。
ありがとうございます。
  1. 2005/09/03(土) 11:10:28 |
  2. URL |
  3. オーナーK氏 #-
  4. [ 編集]

ハイ!お答えします。

かとさんお久しぶりです。

National表記のモデルがあるんですか!
それは知りませんでした。
是非拝見したいです。

LEDとFLの違いを簡単に説明したいと思います。
と言っても僕も素人なので簡単にしか書けないんですが。

○LEDディスプレイ

LEDはLight Emitting Diodeの略で、日本語で発光ダイオード。
2種類の半導体を接合した素子で、電流を加えると発光します。

発光色は圧倒的に赤。
シンクレアなど紫っぽいものがありますが、
カバーが紫色で、LED自体は赤です。
あと、パルサーで緑のLEDが使われているものが
ありますが、例外中の例外です。

LEDには緑、橙、黄、白、青などの発光色が
ありますが、緑、橙、黄は80年代以降に一般的になり、
青は90年代末になってからの発明(この前発明者が訴訟してましたね)
さらに白は青+蛍光体によるもの。

なので、70年代の電卓に使われていたLEDディスプレイは
赤のみということになります。
ひょっとしたら例外もあるかもしれませんが
今のところ僕は見たことありません。

○FLディスプレイ

FLディスプレイは本名はVFD。
Vacuum Fluorescent Displayの略で、日本語で蛍光表示管。
見た目はガラスでできた真空管です。
陽極、陰極、グリッドという3極があって、
ガラス基板上に陽極と蛍光体で数字などを作っておいて、
離れた位置にある陰極フィラメントから熱電子を飛ばし、
この熱電子を中間にあるグリッドで加速し蛍光体にぶつける
と光るそうです。ハァよくわからん。

発光色は緑っぽい白。
ほとんどの場合、色のついたフィルタをかませて、
青緑っぽくしてあります。
電卓で使われたのは70年代末期からで、最近製造された
電卓でも使われていることがあります。
発光体の形を自由に変えることができるので、
今でもカーステレオとか、電子レンジなんかでよく見かけます。

長々と書きましたが、電卓に関しては、
・赤→LED
・青緑→FL
・黒→LCD
ってな感じでまず間違えないです。

実は他にも色んなディスプレイがあって、
特に橙色に光るものはニキシーとかネオンとか
パナプレックスとかフィラメントとか
アクリル光点式とか...
奥が深くて面白いですよ。

それから、ジャンクな電卓は分解してみることを
お勧めします。
中の世界もなかなか興味深いものです。
電線が一本切れてただけだったなんてこともありますし。
簡単なことで蘇ることが結構ありますよ。
  1. 2005/09/03(土) 22:17:34 |
  2. URL |
  3. たかだ #Yp/buQSs
  4. [ 編集]

どーも!

オーナーK氏、どーもです。
こちらこそイイモノ見せてもらって、
いじくらせてもらって、ネタにさせてもらって
感謝です。

子供の頃から電子工作が好きで、
半田ゴテに親しんでいる以外は、
大した知識も技術もありませんよ。
素人に毛が生えた程度です。

また何かあればいじくらせていただけると
ありがたいです。

次の会合楽しみにしています。
  1. 2005/09/03(土) 22:24:24 |
  2. URL |
  3. たかだ #Yp/buQSs
  4. [ 編集]

電卓集めてて、この体たらく。
非常にわかりやすい説明ありがとうございます。
本当に感謝いたします。
こちらのブログにもコメントありがとうございました!
  1. 2005/09/05(月) 20:43:12 |
  2. URL |
  3. かと #t50BOgd.
  4. [ 編集]

こんにちは

こんにちは!また遊びに来ます。
  1. 2008/11/18(火) 12:47:19 |
  2. URL |
  3. ミカン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tkd.blog6.fc2.com/tb.php/46-2592f1f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。