T

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

一発点火だロンソン!:RONSON GAS LIGHTER

僕はタバコを辞められない負け犬なオッサンなわけだが、
意思が弱いということの他にも辞められない理由がある。
僕はライターが大好きなのだ。
だって、タバコを辞めたら大好きなライターを使えないじゃん。
うーん、苦しい言い訳にしか聞こえないな。

タバコを吸う一連の行為の中で、火を付ける瞬間ってカッコイイと思う。
映画やドラマでも、タバコに火を付けるシーンはとても印象的。

西部警察の大門団長(渡哲也)
ショットガンぶっ放して、一仕事終えた大門団長がタバコをくわえ、
サングラスの眉間に皺を寄せて火を付け、遠くを見ながら煙を吐く。
う~ん渋いねぇ。

僕バカだからよく真似したもん。
薬指と小指でタバコを挟むのがポイント。顔を隠すように吸うのだ。

そんな訳で(どんな訳だ?)、僕はタバコに火を付けるライターが大好き。

ライターと言えば、まずZIPPOライターが思い浮かぶ。
僕も20歳の頃使ってたことがある。
新宿紀ノ国屋にあるライターショップで、シルバー製のプレーンなやつを買った。
店員曰く、使えば使うほど味が出て愛着が増しますよと。
でも、すぐに飽きちゃった。
じきに使わなくなって、姿が消えた。多分誰かにあげちゃったんだと思う。

その後もいろんなライターを試した。
高いのから、安いの。古いのから、最新式の。
買ってはなくして、もらってはなくして、その数多分数十個。

それでここ3年ほど、落ち着いて気に入って使ってるのがロンソンのライター。

このロンソン社、創業100年を超えるアメリカの老舗喫煙具メーカー。
数々の革新的な製品を世に送りつづけ、実に様々なモデルが存在する。
世界的にコレクターも多い。

僕が好きなのは、やっぱり60・70年代の製品。
それも、多くのコレクターにポピュラーなオイルライターではなく、
ガスライターが気に入ってる。

僕はほとんどeBayで購入するのだが、マイナーな存在だけあって安い。
大抵、5ドルくらいで落札できる。
でも、手元に届いて、ガスを入れてみるまで使えるかどうか判らない。
ゴムパッキンが経年変化で劣化し、ガス漏れすることが多いのだ。
運良く使えていても、しばらく経つとガスが漏れてきてダメになったりする。
もちろん修理は不可能。ま、安いからまた買っちゃうんだけどね。

最近よく使ってるのはこの2つ。

ron001s.jpg

なんか変な形でしょ。
これ、手で包み込むように握ると、丁度いい形になっている。

ron002s.jpg

イングランド製。
サイドの刻み模様が70年代風でイイ感じ。

ron003s.jpg

点火はピエゾ(圧電素子)方式。
握りこんでレバーを押し込むと、カチッと火がつく。
軽くてコンパクトで使いやすいライター。

もう一個はこれ。

ron004s.jpg

なんだか怪しい雰囲気。そしてずっしり重い。
横の幾何学模様が無理やりの高級感を演出している。
長方形のボタンが点火スイッチ。なんと電池式なのよこいつったら。

ron005s.jpg

底に電池のマーク。えっ15V!なんじゃそりゃ。そんな電池見たことない。
秋葉原を歩き回って探したけど見つからなかった。
電池専門店のオヤジによると、昔カメラのストロボで使われていた電池らしいが、
日本ではとっくに製造中止。外国ならあるかもとのこと。

で、早速ロンドン在住の友人に探してもらったら、なんとか見つけられたって。

ron006s.jpg

思いっきり怪しい。ラベルがただのコピーみたいだし。再生品か?
ま、使えるから気にしなーい。

ron007s.jpg

スイッチを押し下げると、チッって火花が散って、火がつく。

なんとも凝った造りのライター。

想像だけど、ライター業界の巨頭、ZIPPOに対抗したんだろうね。
ホイールをシュッと回して点火するのではなく、ワンプッシュで点火することに
こだわったんだな、ロンソンは。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/26(火) 15:08:03|
  2. ガジェット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2011/05/12(木) 09:09:26 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tkd.blog6.fc2.com/tb.php/17-e91e641f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。