T

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

どの味にする?:RadioShack Realistic 12-166 "FlavoRadio"

DSCF1022s.jpg

このカラフルな物体はな~んだ?

答えはトランジスタラジオ。
1970年代にラディオシャック社が発売した、リアルスティック フレイバラジオ。
当時、日本のパナソニックが発売したカラフルなラジオ
Panasonic R-70 "Panapet"に対抗した製品らしい。

DSCF1034s.jpg

例によって詳しい情報がないのだが、全7色展開で販売されていたらしく、
フレイバラジオの名の通り、各色に食べ物の名前が付けられていたらしい。
紫→グレープ、黄→バナナ、橙→オレンジ、青については不明。
他の3色については何色なのかすらわからない。

DSCF1037s.jpg

中身はごく普通の安いAMラジオ。
バッテリーはボディを二つに割って交換するチープな造り。

DSCF1032s.jpg DSCF1030s.jpg
DSCF1029s.jpg DSCF1025s.jpg

ボディーの材質もあまり上等なプラスティックではないので表面はヨレヨレ。
良くぞ今まで残っていたな。こいつら。

でも、このダメダメなところが、愛らしかったりする。
どの味(色)もそれぞれイイ感じのヘタレ感があって捨てがたい。
こいつらの前の持ち主も、なんだか可愛くて捨てられなかったんだろな。
僕が大事にするから安心してね。

DSCF1024s.jpg

他の3色も手に入れて全色揃えたいんだけど、今のところ見かけない。
どの味(色)でもいいから、僕のところへ来てちょうだいな。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/20(月) 12:10:20|
  2. ガジェット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。