T

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

生まれ変わった名品:田村電器 LUMITIME Clock

1970年代、日本の田村電機からルミタイムというクロックが発売されていた。

LUMITIME_01s.jpg LUMITIME_04s.jpg
LUMITIME_03s.jpg LUMITIME_02s.jpg

画像はeBayで集めたもの。
70年代感たっぷりのデザインと、雰囲気のあるデジタル表示が魅力的。
バリエーションが豊富なのもコレクター心を大いにくすぐる。

僕がルミタイムを手に入れたのは5年ほど前。
画像左上の白い足つきのタイプをeBayで見つけた。
Working Conditionだということで迷わず落札。
詳しい価格は忘れたが、70ドルくらいだった。

手元に届いたルミタイムは、少し日焼けで黄ばんではいるものの、
まずまずのコンディション。
電源を入れると、暗めのオレンジ色に光ってイイ感じ。
満足して、しばらく眺めていた。

しかーし、いつまでたっても時刻が変わらない。
気がつくと、時刻の右側でゆっくり回るはずの模様も止まったままだ。

こいつ壊れてる。やられた。
出品者へクレームのメールを送ると、すぐに返事が来て
返金するから送り返してくれとのこと。
でもね、出品者の誠意ある反応と、もう二度と手に入らない気がして、
結局もういいっすよということにしてしまった。

それからしばらくの間、飾りとしてテレビの上に置いていたが、
ある日ふと、どうせ動かないんだからと分解してみたくなった。
子供の頃からの僕の習性である。

この雰囲気のあるデジタル表示はLEDやニキシー管ではなかった。
1セグメントに1つ電球(ネオン管だったかも)が仕込んであり、
円盤型の電極板をモーターで回して、光らせるセグメントを切り替える。
なんとも凝ったアナログな仕組みである。

僕のルミタイムは、モーターが動かなくなっていた。
なんか焼きついてしまっている感じ。致命的であった。

中を見てしまうと、なんとか復活させてみたくなるのも僕の習性で、
秋葉原をモーター求めて歩き回ってみた。
50Hzの交流パルスで1分間に60回転する特殊なモータは
やっぱり見つからなかった。

で、思いついたのは中身をスワップすること。
以前作ったLEDクロックとして生き返らすことにした。

DSCF0965s.jpg

ロジック部は以前作ったLEDクロックキットを流用した。
LED表示部は新たに製作。
秋葉原の行きつけのパーツ屋で購入したデッドストックのLEDを48個使用。
LEDのオレンジ色がイイ。
抵抗を調整して、オリジナルっぽく少し暗めにしてある。
狙い通りの雰囲気に仕上がった。

DSCF0981s.jpg

LEDはユニバーサル基盤上に並べてある。

DSCF0989s.jpg

ユニバーサル基盤はもちろん、LEDもひとつひとつラッカーで黒く塗装した。
よーやったわ。

DSCF0984s.jpg

ユニバーサル基盤裏は、怒涛の手配線。

DSCF0973s.jpg

電源トランスが入りきらず、ケースを切り抜いた。

DSCF1042s.jpg

見事生まれ変わったルミタイム。
僕はオリジナルよりカッコイイと思っている。
今でも我が家のお気に入りで、リビングで時を刻み続けている
スポンサーサイト
  1. 2005/05/28(土) 22:25:33|
  2. ガジェット|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。