T

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

生まれ変わった名品:田村電器 LUMITIME Clock

1970年代、日本の田村電機からルミタイムというクロックが発売されていた。

LUMITIME_01s.jpg LUMITIME_04s.jpg
LUMITIME_03s.jpg LUMITIME_02s.jpg

画像はeBayで集めたもの。
70年代感たっぷりのデザインと、雰囲気のあるデジタル表示が魅力的。
バリエーションが豊富なのもコレクター心を大いにくすぐる。

僕がルミタイムを手に入れたのは5年ほど前。
画像左上の白い足つきのタイプをeBayで見つけた。
Working Conditionだということで迷わず落札。
詳しい価格は忘れたが、70ドルくらいだった。

手元に届いたルミタイムは、少し日焼けで黄ばんではいるものの、
まずまずのコンディション。
電源を入れると、暗めのオレンジ色に光ってイイ感じ。
満足して、しばらく眺めていた。

しかーし、いつまでたっても時刻が変わらない。
気がつくと、時刻の右側でゆっくり回るはずの模様も止まったままだ。

こいつ壊れてる。やられた。
出品者へクレームのメールを送ると、すぐに返事が来て
返金するから送り返してくれとのこと。
でもね、出品者の誠意ある反応と、もう二度と手に入らない気がして、
結局もういいっすよということにしてしまった。

それからしばらくの間、飾りとしてテレビの上に置いていたが、
ある日ふと、どうせ動かないんだからと分解してみたくなった。
子供の頃からの僕の習性である。

この雰囲気のあるデジタル表示はLEDやニキシー管ではなかった。
1セグメントに1つ電球(ネオン管だったかも)が仕込んであり、
円盤型の電極板をモーターで回して、光らせるセグメントを切り替える。
なんとも凝ったアナログな仕組みである。

僕のルミタイムは、モーターが動かなくなっていた。
なんか焼きついてしまっている感じ。致命的であった。

中を見てしまうと、なんとか復活させてみたくなるのも僕の習性で、
秋葉原をモーター求めて歩き回ってみた。
50Hzの交流パルスで1分間に60回転する特殊なモータは
やっぱり見つからなかった。

で、思いついたのは中身をスワップすること。
以前作ったLEDクロックとして生き返らすことにした。

DSCF0965s.jpg

ロジック部は以前作ったLEDクロックキットを流用した。
LED表示部は新たに製作。
秋葉原の行きつけのパーツ屋で購入したデッドストックのLEDを48個使用。
LEDのオレンジ色がイイ。
抵抗を調整して、オリジナルっぽく少し暗めにしてある。
狙い通りの雰囲気に仕上がった。

DSCF0981s.jpg

LEDはユニバーサル基盤上に並べてある。

DSCF0989s.jpg

ユニバーサル基盤はもちろん、LEDもひとつひとつラッカーで黒く塗装した。
よーやったわ。

DSCF0984s.jpg

ユニバーサル基盤裏は、怒涛の手配線。

DSCF0973s.jpg

電源トランスが入りきらず、ケースを切り抜いた。

DSCF1042s.jpg

見事生まれ変わったルミタイム。
僕はオリジナルよりカッコイイと思っている。
今でも我が家のお気に入りで、リビングで時を刻み続けている
スポンサーサイト
  1. 2005/05/28(土) 22:25:33|
  2. ガジェット|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

40年前のフランスを封じ込んだ:Bourbons Porte-clés

小さくても、造りが精巧で、しかも存在感があるものってとっても魅力的。
まさにこの通りのものを見つけた。

それはブルボンキーホルダー。

1960年代、フランスのブルボン社が企業広告用に製造していたキーホルダー
である。

先日、東京青山でブルボンキーホルダーのイベントが開催されていたので
行ってみた。

DSCF0909s.jpg DSCF0952s.jpg

名古屋のフレンチ雑貨ショップ、ロングディスタンスランナーの主催で、
世界的ブルボンコレクターにして、クリニャンクールのフレンチキーホルダー専門店
Les Porte-clés店主のフランソワーズ・シャピュイさんを招待してのイベント。

DSCF0912s.jpg DSCF0916s.jpg
DSCF0917s.jpg DSCF0918s.jpg

南青山の欧風菓子クドウ青山店(ここのレーズンクッキーはめちゃうま)の
奥のギャラリーには、所狭しと貴重なブルボンが並べられていて、
僕の物欲メーターは、めいっぱいまで振り切れてしまった。

展示されているブルボンは購入できる。
ポケットに10万円あったら、全額ブルボン買っちゃいたい気分になった。
もっとも、ホントに希少なものは10万円の値札がついたりするのだが。

どれも愛らしく、且つ妥協のないデザイン。
広告なので、商品のミニチュアが入ってたりするのだが、そのあまりのリアルさに
驚かされる。
しかも封入されたオイルによって、瓶のなかで泡が動いたり、車が動いたりもする。

素材のアクリルは、その経過年数を忘れさせるほどに透き通っていて、
手で触れるとつるりとしてて、なんだか暖かい気がする。

10万円の持ち合わせはなかったので、ひとつだけ手ごろな値段のものを買った。

DSCF0947s.jpg

フランスの電力公社、EDFの広告キーホルダー。3500円也。

「電気でお料理を」「10年でこれだけの進歩!」ってな内容。
鍋の下の赤い電熱コンロは「electricite」の「e」になってて、コンセントも付いる。
なかなか「うまい」広告だ。

そういえば、今やってる東京電力のコマーシャルと似たような内容だ。
鈴木京香もいいけど、こっちの方がインパクトがあってしゃれている。

あとブルボンの本も買った。

DSCF0956s.jpg DSCF0957s.jpg

「ひみつのブルボンキーホルダー」森井ユカ著
ブルボンの写真がたくさん載っていて楽しい。
僕のブルボンも載っている。
歴史やメンテナンスのやり方も書いてあって、初心者には最適な本。

DSCF0945s.jpg

キーホルダーとはいえ、硬い鍵とポケットの中でガチャガチャするのはイヤなので、
携帯のストラップにしてみた。
イイ感じでしょ。

僕、もうブルボンの虜になりかけている。
またまた財布に危機が訪れたよ。

  1. 2005/05/24(火) 00:38:56|
  2. ガジェット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ガンガン使い込むことにした:Vodafone NOKIA 702NK

P1000145s.jpg

愛用していたPDA、SONY CLIE PEG-NX70Vを落として壊してしまった。

DSCF0922s.jpg

液晶画面に筋入っちゃったし、バックライトも点かなくなっちゃった。

飽きっぽい僕には珍しく、3年も使っていた。
この手のデジタルガジェットとしては異例の長期間である。
主に、通勤電車でこのブログや雑多な文章編集、仕事や趣味のメモ、
スケジュール管理、Webや小説などの文章閲覧に使っていた。
まぁ、生活必需ってほどではないが、ないと不便だなって感じ。
でもかなり気に入ってたから、すごくショック(涙)

しかーし、僕にはこの前買ったばかりのNOKIA 702NKがあるじゃないか。

P1000283s.jpg

なんたってスマートホンなんだから、PDAの代わりくらい務められるでしょう。
色々カスタムして、ガンガン使い込むことにした。

そうと決めたら、まず外見のカスタマイズ。
とりあえずありふれたシルバーはイヤなので、ジャケットを買ってみた。
このNK702は世界各国で販売されているNOKIA 6630そのものなので、
eBayで検索するといろんなのが出てくる。
今回はeBayでは気に入った色がなかったので、ヤフオクで見つけた
焦げ茶色のやつを購入。NOKIA純正品ではない。

DSCF0934s.jpg

交換作業は超簡単。

DSCF0928s.jpg

裏のクロムメッキのボタンを押して、カバーを上にずらして持ち上げると
パカッと外れる。
裏が外れれば表のカバーもちょっとひっぱれば簡単に外れる。

DSCF0929s.jpg DSCF0930s.jpg

裸にするとキーボードもポロッと外れて、交換ができるようになってる。
さすがに洗練された造りである。

装着は外した逆にはめ込めばいい。
2分で完了。

DSCF0943s.jpg DSCF0944s.jpg

なかなか渋い色でいい感じ。

このジャケットは安い(送料込みで1000円くらい)ので、何色か揃えて
気分で着せ替えるのもいいかもしれない。
  1. 2005/05/22(日) 20:13:23|
  2. ガジェット|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:1

質実剛健機能性抜群:Redwing Fireman Boots

1年くらい前、急にハードなブーツが欲しくなってレッドウィングを買うことにした。

レッドウィングは今年で創業100周年を迎えるワーキングシューズメーカー。

ここのワークブーツは男子の憧れの的。
僕も高校生の頃から欲しくて、よく渋谷のバックドロップやレッドウッドに
見に行ったものだ。

なんで今まで買わなかったのかには理由がある。

僕は靴の紐を結ぶのが大嫌い。
スニーカーや普通の靴の場合は、紐を緩めた状態にして結んだり緩めたりしないで
履いたり脱いだりできるようにしている。
ホントは靴にも良くないし、見た目もカッコ悪いんだけどね。
ところが、これをワークブーツでやるのはちとキツイ。
足首上まで紐穴があるので、かなり緩めておかないと履けないし、
ワークブーツは重いので、紐を締めないと歩くときに脱げてしまう。

でも、この問題(ってか僕のワガママ)を解決するイイものを見つけた。

DSCF0748s.jpg

レッドウィング ファイアーマンブーツ

その名の通り、消防士用のブーツ。
紐の代わりにジッパーが付いていて、すばやく履いたり脱いだりできる。
消防士の緊急出動に対応しているわけだ。

もちろん耐久性は折り紙つき。
人に踏まれても全然痛くないもんね。たぶんメタルキャップがつま先に入ってる。
履き心地はあんまり良くはないけど、特に支障は無い。
見た目も極太で黒いジッパーが硬派なイメージでカッコイイ。
あんまり履いている人見かけないしね。

ヤフオクにて中古を購入。12000円也。安い!
前のオーナーが大事に履いていたみたいで、ソールの減りなく、適度な味具合。
しかも臭くなかった(これ重要。よかった)

質実剛健かつ機能性抜群。
永い付き合いができそうだ。
  1. 2005/05/20(金) 12:50:58|
  2. ファッション・小物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

古い電卓がカッコイイ:Corvus LED Calculator

10年くらい前から、古い電卓をコレクションするようになった。

僕のコレクション対象「古い電卓」の定義はこんな感じ。

1.Pocket Calculatorと呼称される手のひらに載るサイズのもの
2.1970年代に製造されたもの
3.赤もしくはオレンジのLEDによって数値表示されるもの
4.デザインがカッコイイもの

やっぱり1970年代というのがポイント。
この頃の半導体集積回路技術及びプラスチック成型技術の成熟が生み出した
花形ハイテク製品が手のひらサイズの電卓だった。

LED(発光ダイオード)も僕にとっては重要なキーワード。
子供の頃から大好きなのよLEDが。っていうか、たぶんフェチ。
赤く光る数字を見ると、なんだかワクワクしてくる僕は異常かもしんない。

それから、デザイン。
70年代っぽいデザインがイイに決まってる。
この時代の独特なデザイン潮流が濃く反映されているものが極上品である。

1974年頃に発売された、テキサスのCorvus Corporationの電卓4つ。

P5130010s.jpg P5130009s.jpg

P5130008s.jpg P5130007s.jpg

左上から時計回りに、322、312、411、415

色がイイでしょ。
ボディーのアイボリー系とボタンのオレンジ、ブラウンが70年代っぽい配色。

P5140076s.jpg P5140075s.jpg

横から見るとずんぐりと分厚く丸っこい。
グラマーでボディーラインもキレイでしょ、あたし。

P5140077s.jpg P5130124s.jpg

LEDの表示はボディーの割りにすごく小さい。
なんか使いづらそうでダメじゃん、なところがまたイイ。

P5130122s.jpg

人に電卓集めてるって言うと大抵は、はぁ?っていわれるけど、
好きなんだからしょうがないじゃん。
これからもまた紹介するからね。
  1. 2005/05/17(火) 07:21:09|
  2. 電卓|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8

ハイハイ下品で結構:OMEGA Speedmaster PROFESSIONAL MARK II Gold Filled

ここ数年、オメガスピードマスターは若者からオッサンにまで大人気の時計だ。

電車内で吊革につかまった手首によく見かけるし、知人にも愛用者が何人かいる。

スピードマスターの歴史は古い。
初代スピードマスターは1957年に誕生。
1965年にNASA公式時計にとなり、宇宙飛行に携行されることになる。
1969年にはアポロ11号による人類初の月面着陸にも携行された。
1970年のアポロ13号の事故で、クルーはスピードマスターのおかげで
無事地球へ帰還することができたというエピソードもある。

スピードマスターには様々なタイプのモデルが存在する。
それぞれに個性的な特徴を持っており、コレクション対象としても人気がある。

で、僕のスピードマスター。

spm01s.jpg

OMEGA Speedmaster PROFESSIONAL MARK II Gold Filled

1971年発売。
デカくて、厚くて、重くて、金色。

数あるスピードマスターの中でもMARK IIはなかなか人気があるのだが、
それはステンレスケースのモデルのことで、この金張りモデルは人気がない。
この下品な雰囲気が敬遠されるのだろう。

実際、友人たちからは
「下品な時計してるなぁ」
と言われる。そいつらの顔の方がよっぽど下品なわけだが。

僕としては、金色の文字盤も、ワインレッドのタキメータも、重厚な金色ケースに
マッチしていて、ファンキーでイイ感じ。

元はケースと同じく金色(金張りではなく金メッキ)のブレスが付いていたが、
茶色い靴に合うかなと思って、この写真のレザーバンドに付け替えている。
夏になったらブレスに戻してみようか。

spm02s.jpg

こいつに出会ったのは1997年、銀座。
当時の恋人(今のカミさん)と天龍で腹いっぱい餃子を食べて、同じ通り沿いの
EDIFICEで見つけた。

ショーケースから出してもらって手にしたら、一発で気に入った。
プッシュがねちっこく、オーバーホールが必要な状態だったけど、即購入。

価格は120,000円。
なぜか、当時の恋人(今のカミさん)が現金を持っていたので借りた。
(ちゃんと結婚前に返したよ)

それから、すぐにケアーズに持っていってオーバーホール。
サービスで竜頭とプッシュを新品に取り替えてくれた。
料金は40,000円也。

今でもかなりのヘビーローテーションで使ってる。
強い個性が、逆に全く飽きさせない。

服に合わせづらいと思うかもしれないが、逆に服を時計に合わせる、と発想転換。
例えば、スーツのときはネクタイの色をこいつに合わせるといった感じで。

spm03s.jpg

機械の調子はイイ。元気で正確。
ほんとはそろそろオーバーホールしなきゃいけないけど。

余談だが、新しいスピードマスターを買うなら手巻きのモデルをオススメする。
だって自動巻きの機械は...(以下自粛)
  1. 2005/05/14(土) 08:59:42|
  2. 腕時計|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

通勤オーディオ:RioRiot CMOYアンプ SENNHEISER HD-25

僕は毎日好きな音楽を聞かないと、ふにゃりと衰弱してしまう。

何でも聞くけど、一番すきなのはレゲエ。特に古いルーツレゲエが大好物。
ルーディーなワンドロップリディムを大音量で流して、ゆらりと身体を揺らすと
最高に気持ちいい。

でも、これをうちのリビングでやるのはチトキビシイ。
近所迷惑、家族迷惑である。

そんな僕が日常的に音楽を楽しむ場所は、通勤電車の中である。

20GのHDDにぎっちりトラックを詰め込んだMP3プレーヤーを持って通勤する。
僕のMP3プレーヤーはRioRiot

P1000290s.jpg

2002年に買ったこいつはiPodの4倍くらいデカくて、いまどき使ってる人いないぞ
っていう代物だが、気に入っているからこれがいい。

独自インターフェイスのRio LigiTrack Interfaceは賢くて使いやすい。
ボタンやジョグダイアルはデカくて操作性抜群だし、真っ黒な車みたいな
デザインもお気に入り。
そしてなにより音がイイ。少なくともiPodなんかより、僕好みの太く豊かな音質。

このイイ音をさらに改善するべく、ヘッドフォンアンプを試してみることにした。
ヘッドフォンアンプはその名の通りヘッドフォン専用のアンプで、プレーヤーと
ヘッドフォンの間に入れて、オーディオ信号を増幅し、パワフルにヘッドフォンを
駆動させてやるものである。

電池駆動で携帯できるものは数少ないものの、いくつか市場に出回っているが
そこそこ高かったりする。

Headroom社 AirHead
Meier-Audio社 PORTA CORDA II

でWebで調べたら、自作するのが密かに流行っているらしいので、
僕もやってみることにした。

HeadWizeというサイトでChu Moyさんという人が設計したヘッドフォンアンプ
について詳しく書いてある。

いろんな半導体デバイスメーカーから安く出回ってるOPアンプICを使った
非反転増幅回路で、9V 006Pの電池一個で動く。

いろんなサイトを参考にして、回路を決定。
秋葉原でパーツを集めた。贅沢なパーツを選んでも全部で3000円くらい。
サクサクーと作ってみた。

cmoy_insides.jpg

で、ケースに組み込んでみた。

P1000068s.jpg

ケースのペイントはサンアイクカンパニーのピンストライパー、Veatonさんに
描いてもらった。
真中の白い箱に足がはえてるのはOPアンプICね。キラリと星も入れてもらった。
うんカッチョエエ。

P1000046s.jpg

ケースの横にはぶら下げられるようにヒートンをつけた。

P1000053s.jpgP1000054s.jpg

パワースイッチにこだわってみた。LED内臓で、ONにすると全体が青く光る。
イイでしょ。

んでさらに、ヘッドフォンも新調。

P1000291s.jpg

ちょっと奮発して、SENNHEISER HD-25を購入。23800円(定価42000円)也。
とても定価が4万を超える高級ヘッドフォンとは思えないプラスチッキ-
でチープな雰囲気。
でも、とても軽くて、丈夫な造りっぽいから、ポータブル用にはいいかも。

P1000294s.jpg

なぜかMADE IN IRELAND。

さて、これら3点セットを持って通勤電車に乗ってみた。
結果は、
すんごい!とても通勤電車の中とは思えないリスニングクオリティー。
HD-25の鳴りっぷりったら、漢(おとこ)って感じ。
骨太でキュッと締まった低音。圧倒的なパーワー。
遮音性も高く、電車のガタゴトが聞こえない。すなわち外に音は漏れないはず。
イイですぞ、このヘッドフォン。
レゲエ、ファンク、ジャズ、ロックなんか聞く人には超ヲススメ。

自作CMOYヘッドフォンアンプもイイ。
雑音はなく、明らかにこれを使ったほうが音に深みが出る。
とても3000円とは思えないイイ仕事してくれる。

これなら、通勤時間が楽しいものになるに違いない。
  1. 2005/05/10(火) 01:37:05|
  2. ガジェット|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

携帯換えちゃった:Vodafone NOKIA 702NK

旅先の広島でのアクシデントで、僕の携帯電話が大破した。

ふて腐れて、もう携帯なんかイラネとか言ってたけどそうゆう訳にもいかず、
新しいのを買った。

で選んだのはVodafone NOKIA 702NK

P1000283s.jpg

この端末は初の日本版スマートフォン。
PDA並みの機能を持っており、いろんなことができるらしい。

シンプルで洗練されたデザイン。しっかりした造り。
さすがはNOKIAといったところか。
最近は滅多にない大人向けの携帯。

ちなみに新規契約で0円。
使いこなしが難しいからあんまり売れなかったんだと。

グリグリ弄くって、またレポートするね。
  1. 2005/05/08(日) 16:31:45|
  2. ガジェット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。