T

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

欲スィ車を妄想する:クライスラー グランドワゴニア

今回はクライスラー グランドワゴニア

88gw_01-ls.jpeg

ワイルドで古臭い顔つき。60年代あたりの車に見えるでしょう。
でも、この写真のグランドワゴニアは88年式。御年17歳。老けてる。
おまえは、えなりかずきか。

グランドワゴニアの歴史は古い。

1962年、初代ワゴニアがにカイザー社からデビュー。
1970年、カイザー社はAMC(アメリカンモーターカンパニー)に吸収合併される。
1984年、AMCからコンパクトなチェロキーワゴニアが発売されると、
元祖ワゴニアはグランドワゴニアと名称が変更され、上級モデルとされた。
さらに1987年、AMCはクライスラーに吸収合併され、
その後1991年にグランドワゴニアは生産終了。

この流転の歴史30年間、基本的な設計は変えられることなく生産された
グランドワゴニア。この古臭い顔つきは、その頑固な思想によって守られた
伝統なのである。

この車の最大の特徴は、ズバリ木目。こんなに木目が似合う車は他に無い。
当然これにやられちゃってるファンは多く、僕もその一人だ。
今でも学生時代に湘南で見かけたグランドワゴニアの木目が脳裏に焼き付いている。
そのグランドワゴニアは小さなサーフショップの脇に停められていて、
潮風にやられたボディーは艶が無く、所々赤茶色錆びが浮いていた。
しかし。それがまた木目と似合うのである。少しボロい方が味が出てカッコイイ。
またあの木目はデカール(シール)で本物ではない。でもそこが70年代っぽくて好き。

そして、デカイ。中身も外見も。

全長 4,800mm
全幅 1,900mm
全高 1,800mm

日本車のファミリー向けバン(たとえばトヨタ アルファード)なんかと比べて
全長、全高はそうでもないが、全幅 1,900mmってのはかなりデカイ。
ベンツのS600よりもデカイ。走ってる姿は、も、大威張りって感じである。

そしてエンジンは360キュービック・インチのV8(5900cc)。これしかないだ。
正にアメリカンパワフルな走りが期待できる。
でも、やっぱり燃費は2~3Km/Lといったところらしい。

根強い人気があり、いくつもの専門店がある。
価格は高騰して250万以上、程度がいいと300万を超えるらしい。


は~ぁ。
やっぱり僕には買えないので、妄想してみる。思いっきり妄想してみる。。。


「父さん、この車買い換えたら?ボロボロじゃん。ガソリンだし。」
今年17歳になった息子がカーボンファイバー製のブーツで右フロントタイヤの
サイドウォールを蹴りながら言った。
「俺はこれがいいんだよ」
俺は少し軋むドアを開け、ベンチシートに乗り込んだ。

1989年式グランドワゴニアのエンジンをスタートさせ、県境にある
特別自然保存地区に向かって走り出した。

今年初めてのキャンプ。

今までは妻と下の娘も一緒だったが、今日は二人ともいない。
娘が行きたくないそうだ。朝から女同士で渋谷に買い物に行ってしまった。
そういえば最近、娘と言葉を交わすことが少なくなった。避けられているのだ。
あの幼かった娘がそんな年頃になったと思えば感慨深いが、やはり寂しい。
そういうわけで、初めての息子と二人きりのキャンプだ。

「ホント、ボロイよね。父さんいつから乗ってんの」
「おまえが生まれる前からだよ」
「うひょ-、オレより年上かぁ。もうオッサンだねこの車」
「オッサンってほどじゃないよ。まだ30歳だ」
「オッサンじゃん、前世紀ものだもん」

21世紀生まれの息子はよくこの言葉を使う。彼にとって20世紀は彼方の過去だ。
かつて、少年だった俺にとって21世紀は彼方の未来であった。
そこには夢と希望のみが輝きに包まれて見えていた。
息子にとっての未来はどのように見えているのだろうか。

「お、新しいジーパンじゃないか」
「うん、買ったんだ。1998年のヴィンテージユニクロ。デッドストックだよ」
「そいつも前世紀ものじゃないか」
「これはヴィンテージ。ただの前世紀ものとは違うよ」
「ふーん。高かったのか?」
「5万円」
「そんなにするのか。昔はユニクロのジーパンなんて2900円だったぞ」
「安!そんときいっぱい買っておいてくれれば良かったのに」
「俺は昔から先見の明ってやつが無いんだよ」
「せんけんのめいって何?」
「帰ってから辞書で調べろ」

特別自然保存地区の標識をすぎると、あたりは深い緑色に囲まれる。
風に揺れる木々の葉の間から見え隠れする太陽は、すでに橙色の光を放っていた。

少し固めのパワーウィンドウスイッチを押すと、爽やかな風とともに、
360キュービック・インチのV8エンジンの逞しい唸りが入り込んできた。
俺はこの音がたまらなく好きだ。

しかし、この音を聞くことができるのはあと僅かの間かもしれない。
今国会で環境保護強化法案が可決されれば、ガソリン車の一般所有が禁止され、
このグランドワゴニアも冷たい鉄の塊となる運命だ。

今やガソリン車は、急速に高性能化した電気自動車に取って代わられた。
ガソリン車を持つことは社会の悪であるとも言われ始めている。
電力会社の看板が掲げられたパワースタンドで、最新式の充電機が並ぶ片隅に
一台だけ置かれた古ぼけたガソリン補給機で給油するガソリン車オーナーは、
かつて煙草がまだ合法であった頃、ガラスで囲まれた狭い喫煙所に追い込まれた
喫煙者のように、肩身の狭い思いを強いられている。

来慣れた河原に下りると、いつもの大きな流木の脇にグランドワゴニアを停め、
リアゲートを開き、荷台から一通り荷物を降ろした。

「じゃ、頼むぞ」
「オッケー。行ってくるね」

息子は両手に軍手をはめると、少し暗くなり始めた森に入っていった。
いつも薪を拾いに行くのは彼の役目だ。

俺は石を積んでかまどを作り、料理の準備を始めた。
骨付きのラム肉は昨日下ごしらえした。ちょうどよく味が染み込んでいるはずだ。
グランドワゴニアの荷台でパン生地をこね、固く絞ったふきんを掛け発酵させる。
これも家で準備しておきたいところだが、それだと発酵しすぎてしまう。
現地でやるしかない。程よく発酵させたらダッチオーブンで焼く。

夕食のいい香りが漂い始めた。
日はすっかり暮れて、漆黒の闇が辺りを覆い尽くそうとしている。

「イテェ、あーあチクショー」

闇の向こうで、息子の声が聞こえた。
グランドワゴニアのヘッドライトを点灯すると、まぶしそうな顔をした息子が
両手に薪を抱えてこちらに向かってきた。少し足を引きずっている。
俺の目の前でバラバラと薪を投げ出すと、丸太の上に座り込んだ。

「何かに引っ掛かったんだ」
「どれ、見せてみろ」

ランタンで息子の足元を照らす。

「イテェ、ああっ、ジーパンが」

ヴィンテージユニクロの右膝の少し下が鉤型に3センチほど裂けている。
その下に血の滲んだ息子の白い膝小僧が見えた。

「大したことは無いぞ。川の水で洗っとけ」
「大したこと無くないよ、ジーパン破れちゃったよ。俺のユニクロ...」

息子の目に涙が浮かんでいた。小さい頃の息子の顔を思い出した。


「おーい飯だぞ」

返事が無い。
あれっきり息子はグランドワゴニアのボンネットに腰掛けて焚き火を見つめている。
橙色の炎に照らされたその表情は拗ねた幼いものだった。
こいつはまだまだ子供だなと思うと、なぜかふと気が緩んだ。

「おい、そんなにジーパンが破れたのがショックだったか」
「あたりまえじゃないか。だって5万もしたんだ」
「じゃあなんでキャンプにその大事な一張羅を穿いてきたんだ」
「味出ししたかったんだよ。キャンプで履いて体を動かせばいい感じになると思って」
「いい味が出たじゃないか」
「こんなの味じゃないよ」

「おまえキャンプ好きか?」
「好きだよ」
「俺とのキャンプは楽しいか」
「楽しいよ」
「好きで楽しいキャンプの最中にできたジーパンの傷は本物の味なんだよ」
「......」

ボンネットに座る息子の足がぶら下がっているあたり、
フェンダーのタイヤアーチの上が凹んでいる。
凹みの中央は10センチほどの楕円状にすっかり錆びて赤茶色に変色し、
周りのアイボリーの塗装はひび割れ、木目のデカールも剥がれている。
俺はそれをランタンで照らしながら息子に言った。

「おまえこの傷知っていたか?」
「うん。何で直さないの?って思ってた」
「この傷は俺にとっては懐かしい思い出だからさ」
「あれは真夜中の一時頃だった。
 病院からもう生まれそうだって電話がかかってきてな、
 俺はパジャマのままこいつに乗って病院に駆けつけたんだ。
 駐車場は真っ暗で、慌てていたおれは入り口のゲートに派手にぶつけたんだよ。
 何事だって夜勤の看護婦がみんな出てきて、その中の顔見知りの看護婦が
 母さんはもう分娩室に入ったって言うから、俺はエンジンも止めずに
 こいつをそこに置き去りにして、病院に駆け込んだんだ」
「これそのときの傷なの?」
「そうだ。朝になって駐車場に出てきたら、ガス欠でエンジンは止まっていた。
 仕方ないから、病院でポリタンクを借りて、近くのガソリンスタンドまで
 テクテク歩いた。うれしくて小躍りしながらな」
「この傷を見ると、初めて抱いたおまえの感触を思い出すんだよ。
 俺が最高にうれしかったときにできた傷だ」

俺は左手でその傷をさすりながら言った。

「男にとってジーパンや車は友達みたいなもんだ。
 いっしょに色んな事を経験して、お互いにいい味が出て来るんだよ」
「ふーん」

息子はフェンダーの傷とジーパンの傷を見比べながら小さく何度も頷いていた。

「ちょっと待ってろ」

俺は助手席のドアを開けると、グローブコンパートメントの中から紙袋を出した。

「こいつをおまえにやる」
「これ何?」

息子が袋に手を突っ込み、中身を引っ張り出した。

「ジーパン?」
「そうだ、1960年代のリーバイスだ」
「えっ、リーバイスってあの伝説の?」
「501XX。俺が15の時にデッドストックで手に入れた。20年かけて味出し済みだ」
「スゲ-や。もう手に入んないんだよリーバイスって。
 それにしてもこれ傷だらけだね」
「ああ、全部の傷に思い出がある。聞きたいか?」
「うん!」

すっかり機嫌を直した息子はボンネットから飛び降りた。

二人並んで丸太に座り、ちょっと焼きすぎたラム肉をほうばりながら、
久しぶりに俺は懐かしい前世紀の話をした。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/11(月) 19:45:59|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:7

欲スィ車を妄想する:ポルシェ914

僕は車を持ってないのだが、車は大大好物。
欲しい車は?と聞かれれば100や200はすぐにあげることができる。
その中の1台でさえなかなか買えないので、妄想オーナーになってみる。

今回はポルシェ914。

914_1s.jpg

この車を見て口にする言葉は、その人の年齢によって変わる。

20代「えーこれがポルシェ?」
30代「おお、なつかしー、カッコええ!」
40代「これはポルシェじゃないよ。ワーゲンだよワーゲン。」

実はどの発言も的を得ている。

あまりにも個性的なデザインは、あの911なんかとは似ても似つかず、
とてもポルシェには見えない。
エンジンはポルシェ定番のリアではなくミドシップに縦置きされ、
コックピットの前後に大きなトランクスペースが設けられている。
ピッと尖ったフェンダーのデザインは、かなりアバンギャルトだ。

デビューは1970年。
その後数年、日本ではスーパーカーブームが到来。
このポルシェ914も若干マイナーではあったが、スーパーカーの1台だった。
一応「サーキットの狼」にも登場した。名無しのドライバーだったけど。

開発コンセプトは「より安く、より多くの人にポルシェの車を」
エンジンをはじめとした主要部品をVWの量産車から流用することにより、
コストの低減を図り、共同出資会社「VW-ポルシェ販売会社」
によって販売された。まさに「ワーゲン・ポルシェ」
多くのポルシェ好きのオヂサン達は「ポルシェ」として認めていない。

VW製のFLAT4 1.7Lを搭載する914と、ポルシェ911TのFLAT6 2Lを
搭載する914/6が発売された。その後FLAT4 2リッターが発売され、
1976年に生産が終了された。

FLAT4 1.7Lと2Lは決して速い車ではなかったが、FLAT6 2Lの914/6は
かなり速かったらしい。車重が940Kgと軽いので、当時の911を凌駕した。

やっぱり僕は914/6が欲スィ。でも、非常に玉数が少なく、当然高い。
コンディションが良いと300万以上する。
914の1.7Lだったら、100万チョイで買って、50万でレストアってことが
できそう。なんせVWのエンジンだからパーツも豊富で安い。現実的。

でも今は買えないので、妄想してみる。思いっきり妄想してみる。。。


小雨が降るパリ16区の冬の朝。

俺は白い息を吐きながら着古したバーブァーのオイルドコートの襟を立て、
アパルトマンの錆びた門戸を軋ませて表へ出る。
雨で黒く染まった街に人気は無く、ただ微かな雨音が聞こえる。
壁に刻まれたギマールの名はかすれてよく見えない。

通りを渡り、三方をアパルトマンで囲まれた小さな広場へ。
その片隅にポルシェ914/6は昨晩と変わらず佇んでいる。
モノトーンの街に唯一ボディのグリーンが色づいている。

いつのまにか雨が止み、雲の切れ間から朝日が射してきた。
淡い光の筋が広場に降り注ぎ、濡れた石畳をきらきらと輝かせる。
大きくなだらかなトランクフードを滑る雨粒は2つ3つと連なり、
一時留まると、するすると落ちて石畳に跳ねる。

華奢なドアを開き、鈍く黒光るレザーシートに滑り込む。
細い皮巻きのステアリングを片手で軽く握りながらキーを回す。
冷えたエンジンはすぐに目を醒まし、乾いた鼓動を刻む。
軽くアクセルを煽ると、FLAT6が聞きなれた咆哮をあげる。

俺はふと思いつき、一度踏み込んだクラッチを戻すと、
天井のレバーを外してから再び外に出た。
ルーフの水滴をコートの袖で振り払うと、両手で抱えるように持ち上げた。
手探りでトランクフードを開き、ルーフをしまいこむ。

腰を伸ばすと、ポケットからクシャクシャになったゴロワーズを取り出し、
一本を口の左端に咥え、マッチで火をつけながら呟いた。

「いい日になりそうだ」

俺はオープンになったポルシェ914/6に乗り込むと、旨いカプチーノと
クロックムッシュを求めて、サンジェルマン・デ・プレに向けて走り出した。
 
  1. 2005/04/02(土) 20:20:17|
  2. |
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

PIMP MY RIDE 車改造大作戦!

PimpMyRideLogos.jpeg

『PIMP MY RIDE 車改造大作戦!』ってMTVでやってる番組。
これがオモシレー。
実はうちスカパーとか契約していないので、動画ファイルを入手してPCで見たの。

どんな番組かってゆーと、
所ジョージの『大改造!!劇的ビフォーアフター』の車版みたいなもんで、
視聴者のボロ車をキレイに改造してやって、もう視聴者大感激!ってな単純な内容。

ホストは今西海岸を代表するラッパー、Xzibit(イグジビット)
カスタムは世界的に有名なカスタムショップ、WEST COAST CUSTOMSが担当。

改造ベースになる視聴者の車が毎回そりゃーすんごい。
もう、超オンボロ。なんとか一応走るよって感じ。
当然ボディーはサビサビ。ドアとフェンダーが違う色だったり。
内装がとれてガムでくっ付けてあったり、シートは中のウレタンは出まくり。
ライトやら、ウィンカーやら、ミラーやらもとれちゃって、ガムテープでぐるぐる巻き。
ちょっと日本じゃ見かけないよこんなの。ってか警察に捕まっちゃうって。
アメリカは車検無いからね。(ニューヨークはあるらしい)

ある日突然、Xzibitが視聴者宅に訪ねてきて大感激!のあと、
XzibitのドライブでUP TO WEST COST CUSTOMS。
ゴツイ風貌の職人達の真面目っぽいミーティング後、作業開始。

まず、とにかく豪快に、乱暴に、はがす、ばらす、はずす。
BGMはHM/HRね。

でもこのあとのカスタマイズの様子はすごいのです。
あんたほんとにアメリカ人?ってな几帳面で丁寧で美しい仕事。

特に驚いたのがペイント。まぁきれいに塗るんだわこれが。
よくアメ車に炎の模様(フレームパターン)が描いてあるじゃない、
あれって下絵なんか無しに、直接ボディーに細いマスキングテープを
くねくねくねーって貼っていくの。まさに匠の技って感じ。

こんな人が、女の子のオーナーのためにシフトノブに
米粒ほどのライトストーンを1つ1つビッシリくっつけたり、
こんな人が器用にミシンでシートのカバーを縫ったり。

カスタムのアイディアもユニークでセンス良し。
車内にLAVAライトを付けたり、
コンソールからPDAが出てきたり、バックシートで水が流れたり(!?)

もちろん西海岸でお約束のカスタムも盛りだくさん。
ウーハーもりもりのサウンドシステム、LCDディスプレー、きらきらのデカイホイール。

この人たちホント、イカシテます。イカレテもいるけどね。

最後に視聴者がカスタムされた自分の車(PIMPED RIDE)とご対面~。
「おーまいがっと!ホントにこれがオレのくるま!!」

一度見るとハマりまっせー。
良きアメリカ人の良きカルチャーを感じることができる番組だな。ん。
  1. 2005/03/17(木) 20:00:25|
  2. |
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。